2020年にブランド誕生50周年を迎え「継承」をテーマとしたプロモーション始動

2019/08/02
株式会社レナウン
レナウンが展開するビジネスブランド「ダーバン」は、2020年にブランド誕生50周年を迎えます。50周年に向けたプロモーションの広告キャラクターとして、俳優の吉田鋼太郎さん、藤原竜也さんを起用。お二人が出演する新たなブランドの広告ビジュアルとビジュアル撮影のメイキングムービーを、ブランドサイト等で2019年8月2日(金)より公開します。
D'URBAN ブランドサイト >> http://www.durban.jp
広告イメージ
広告イメージ

プロモーションについて

「ダーバン」は、日本発のナショナルブランドとして1970年にデビュー。ブランド誕生以来、コンテンポラリーなスタイリングと卓越した技術に裏打ちされた高い品質で、多くのビジネスパーソンの支持を獲得してきました。
2020年にブランド誕生50周年を迎えるダーバンは、これからもスーツ作りにおけるプロフェッショナル魂を繋いでいく意味を込めて「継承」をプロモーションコンセプトとして設定。プロモーションの一環として、共演実績が多く、公私に渡り親交がある俳優の吉田鋼太郎さんと藤原竜也さんを広告キャラクターとして起用しました。新広告ビジュアルの公開に合わせ、お二人のインタビュームービーやメイキングムービーも同時に公開します。
ダーバンは、来年のブランド誕生50周年に向け、「本物の価値を発信」「ビジネスライフスタイル全般のサポート」「サステイナブルなビジネスモデルの展開」に注力していきます。

広告キャラクタープロフフィール

吉田 鋼太郎【よしだ こうたろう】

生年月日:1959/01/14 出身地:東京都
高校生のときにシェイクスピア喜劇を見て俳優を志し、上智大学在学中に初舞台を踏む。大学中退後、劇団四季などを経て1997年に劇団「AUN」を旗揚げし、主宰者として出演するだけでなく演出も手がける。シェイクスピア劇やギリシャ悲劇などの古典に定評があり、「グリークス」から「NINAGAWA マクベス」まで蜷川幸雄演出の舞台にも数多く出演した。TVドラマ「半沢直樹」で堺雅人演じる主人公の上司役で注目を集め、NHK連続テレビ小説「花子とアン」の九州の石炭王・伝助役で広く知られるように。この頃からTVドラマに引っ張りだこになり、映画でも「ちょっと今から仕事やめてくる」や「三度目の殺人」、「噓を愛する女」などで活躍する。2014年、舞台「ヘンリー四世」の演技で芸術選奨文部科学大臣賞(演劇部門)を受賞。2016年、他界した蜷川の後を継ぎ「彩の国シェイクスピア・シリーズ」2代目芸術監督に就任した。

藤原 竜也【ふじわら たつや】

生年月日:1982/05/15 出身地:埼玉県
1997年、蜷川幸雄演出「身毒丸」の主役オーディションで14歳にしてグランプリを獲得。以降、蜷川作品をはじめ多くの舞台で座長を務める。2000年、「仮面学園」の主演で銀幕デビュー。続いて深作欣二監督の遺作となった「バトル・ロワイアル」では、迫真の演技で日本アカデミー賞主演男優賞と新人俳優賞をダブル受賞、若手実力派俳優の筆頭になる。その後、「デスノート」前・後編や、「カイジ」シリーズなど人気漫画の実写映画化作品に主演。その他、「パレード」、「藁の楯 わらのたて」、実写版「るろうに剣心」3部作の「京都大火編」と「伝説の最期編」といった話題作で存在感を放ち、「僕だけがいない街」、「22年目の告白-私が殺人犯ですー」「Diner ダイナー」などで主演を務める。近年のTVドラマの出演作に、「ST 赤と白の捜査ファイル」、「そして、誰もいなくなった」、「リバース」などがある。

ダーバンについて

日本一のかっこいいSUITS」を常に追求し、時代に合わせてアップデートした提案をし続けるダーバン。欧米人とは異なる日本人特有の体型、日本独特の気候風土に合わせた「丸くて、かっこいいスーツ」を作り続けてきました。スーツの生産はすべて自社工場であり高い技術を持つ「ダーバン宮崎ソーイング」で行っています。
このリリースに関するお問い合わせ先
株式会社レナウン 広報・IR室
TEL:03-4521-8089