2014/05/19
株式会社レナウン
レナウンのメンズカジュアルブランド「シンプルライフ」は、アメリカのTシャツブランド“Friend or Foe-フレンドオアフォー”と日本のアパレルブランドとして初めてコラボレーション。
1920年代前後のJAZZシーンで活躍したアーティストのアルバムジャケットをプリントしたジャズ Tシャツを販売します。
シンプルライフ ジャズTシャツ
シンプルライフ ジャズTシャツ

なぜJAZZなのか

シンプルライフは、アメリカンテイストのカジュアルブランドです。
2014年春夏シーズンのテーマに「アメリカン☆アイコンズ」を掲げ、人生を旅するように駆け抜けたアーネスト・ヘミングウェイの足跡を、物つくりのバックボーンとしています。
2014年春夏シーズンは、ヘミングウェイが活躍した20世紀初頭に誕生したアメリカの象徴的なもの、コーンデニム(米国デニム生地メーカー)、アンドーバー(1920年創業米国プリントメーカー)、JAZZ(ニューオリンズ発祥、1920年代アメリカを代表する音楽のひとつとして急激に広まる)にスポットをあて商品企画に取り入れました。

“Friend or Foe-フレンドオアフォー”とは

アメリカロスアンジェルスにあるファクトリー「ゴールデングリーン」が展開しているTシャツブランドが「フレンドオアフォー」。ジャズ関係の版権を多数保有し、Tシャツにプリントして販売。
日本国内では、ネット等でインポート商品を販売しているケースもありますが、日本のアパレルブランドとのコラボレーションは「シンプルライフ」が初となります。

ジャズTシャツ(Made in USA)

ジャズTシャツ(Made in USA)
素材:綿100%
サイズ&価格 M、L、LL ¥5,900+税 2L、3L、4L ¥6,900+税
展開:全国有名百貨店 M~LL(シンプルライフ売場) 2L~4L(キングサイズコーナー)
販売時期:上記展開場所において販売中
シンプルライフのブランドロゴが、Tシャツ衿ネーム位置にプリントされています。

ジャズプリントについて

ビル・エヴァンス モダンジャズを代表するアメリカのジャズピアニスト
>>アルバム“Moon Beams”ジャケット
マックス・ローチ モダンジャズを代表するアメリカのジャズドラマー
>>アルバム“Deeds,Not Words”ジャケット
レイ・チャールズ 盲目というハンデがありながら自分の魂を歌うという“ソウルミュージック”の形を自ら実証し“ソウルの神様”と呼ばれた
>>レイ・チャールズのアルバムジャケット
セロニアス・モンク アメリカのジャズピアニスト。即興演奏で独自のスタイルを築く。数多くのスタンダードナンバーの作曲で有名
>>アルバム“The Uniqe”のジャケット
ジョン・コルトレーン モダンジャズのサックスプレーヤー。20世紀最大のジャスのカリスマ
>>アルバム“Soul Trane”のジャケットをアレンジ
ニューポートジャズフェスティバル >>ロードアイランド州で毎年8月に開催されるジャズフェスティバルのアルバムジャケット

コラボレーションにいたった背景

アメリカのTシャツブランド「フレンドオアフォー」と「シンプルライフ」のコラボレーションが実現したのは、シンプルライフデザインチームがデニムの商談にアメリカ出張した際に、偶然そのプリントを現地で見たことが発端となりました。
ロスアンゼルスのファクトリーがそのプリントの版権を保有していることがわかり、日本で販売したいという内容を伝えたところ、とんとん拍子で話が進み、「シンプルライフ」と「フレンドオアフォー」のダブルネームが実現しました。

ブルーノート東京と販促取り組み

ブルーノートが全国で10万部配布している小冊子(Vol.145)にシンプルライフジャズTシャツが掲載されました。この小冊子「BLUE NOTE TOKYO jam」は、ブルーノート、CDショップ、JAZZ喫茶、東京メトロ等で配布されています。ジャズTシャツが掲載されているVol.145はシンプルライフの売場でも配布しています。
BLUE NOTE TOKYO jam掲載されたことで、今までシンプルライフをご存知ななかったお客様からのお問い合わせも多数入り、フリー客の獲得につながっています。
このリリースに関するお問い合わせ先
株式会社レナウン 広報・IRチーム
TEL:03-4521-8089