2018/11/29
株式会社レナウン
レナウンでは、年に1回ロールプレイングコンテストを開催しています。若手からベテランまで幅広い販売員が予選と本選の2度に分けて出場し、全国に約3,200名在籍する販売員の頂点を競います。
2018年度の本選は11月20日(火)に開催され、入賞者5名が決まりました。

ロールプレイングコンテストの目的

ロールプレイングコンテストは多様化するマーケットや購買チャネルの中で、実店舗ならではの強みを明確にするとともに「お客様に『また来たい』と感じてもらえる感動の接客力」を身に付けることを目的としています。同時に、異なる環境で働く販売員仲間の接客する姿を見て、今後の接客のヒントを掴んでもらう機会となることを目指しています。

ロールプレイングコンテスト本選の概要

日程:11月20日(火)
場所:レナウン本社
出場者:東日本、西日本の各予選を勝ち抜いた19名(内訳:東日本9名、西日本10名)

本選の様子

ロールプレイングコンテスト本選の様子
ロールプレイングコンテスト本選の様子
参加者全員がお客様の言葉に耳を傾けニーズをお聞きすることを一番に心がけながらも、それぞれの強みや個性が際立った決勝となりました。小気味よい会話のテンポ、お客様の言葉の真意を聴き取ろうという姿勢、笑いのある空間づくり、また知識の豊富さや所作の美しさが与えるプロフェッショナル感など、それぞれの個性がお客様の記憶にも残り、次回のご来店や得意客へとつながるであろうことを予感させました。
またロールプレイングコンテストは、自分以外の参加者の接客を見て学ぶ場でもあります。コンテスト後に感想を尋ねると、改めて「お客様ファースト」や「お客様の視点に立つこと」の大切さを感じ、お客様の想いや小さな反応を見逃さないことの重要性を感じた参加者が多く見受けられました。

審査について

審査は「『この人にもう一度接客してほしい』と感じていただけるような満足・感動が提供できているか」を基準に、「基本印象」「知識」「接客スキル」の三つの観点から行われました。
社内から管理職を中心に4名が審査員として参加、審査委員長は株式会社サクセスロード経営研究所の岸本裕子様にお願いしました。また、実績のあるベテラン販売員も4名審査員として参加し、日々店頭でお客様と真摯に向き合っている販売員の目線から、出場者の接客を厳しく審査しました。

自分の接客を振り返る機会に

審査員の審査だけでなく、コンテストでは出場者同士がお互いの接客を評価し合いました。他者の接客を評価することで、自分の接客を振り返る機会にすることが狙いです。レナウンには世代、年齢の異なるブランドが20以上ありますが、自分の店舗以外での接客を見る機会はほとんどありません。コンテストでは異なる環境の接客を見て、今まで気づかなかった視点から学ぶことができます。いろいろな観点から自分との違いやまた共通点を知ることで、接客力の向上を目指しています。

2018年度ロールプレイングコンテストの上位入賞者

上位入賞者
このリリースに関するお問い合わせ先
株式会社レナウン 広報・IR室
TEL:03-4521-8089