2018/08/27
株式会社レナウン

家族と職場の理解促進でワークライフバランスの実現へ

レナウンはワークライフバランスの推進のため、従業員の家族を職場に招待し、職場見学や親子のワークショップを楽しんでもらう「レナウンファミリーデー」を8月3日に大阪支店、8月8日に東京本社で開催しました。
ファミリーデー

レナウンファミリーデー開催の目的

この夏、従業員の家族を職場に招待して、職場見学や親子のワークショップを楽しんでもらうファミリーデーを、当社で初めて開催しました。
今回のファミリーデーは、家族に当社での仕事内容や職場の雰囲気を知ってもらうことで、その仕事への理解や興味を促し、従業員がより充実した環境の中で仕事へ取り組む一助となることを狙いとしました。また職場内で家族親睦の機会をつくることにより、職場の上司や同僚の、仕事と子育ての両立への理解を促すことで、子育て中の社員にとって働きやすい環境の実現を目指します。同時に、従業員全体が自身のワークライフバランスにも意識を向け、業務効率の改善や労働時間の短縮を促すことも目的としています。ワークライフバランスの浸透した職場風土を作り出し、誰にとっても働きやすい環境整備を推進することによって、企業力のアップにつなげます。
なお、今回のファミリーデーは、レナウンの様々な職種・世代・立場のスタッフが集って結成された「ダイバーシティ推進委員会」と2年目社員の企画・運営により行われました。

日程・会場・参加実績

8月3日(金)大阪支店:9家族(内、こども10名)参加
8月8日(水)東京本社:17家族(内、こども22名)参加

ファミリーデーの様子

ファミリーデーの様子
  • 会場
    当日はこどもたちを迎えるため、展示会場がかわいく飾り付けられました。
  • 入社式
    社長挨拶のあと、新入社員となるこどもたちへ名刺を配布しました。またみんなでアーノルドパーマー タイムレスのポロシャツに着替えて記念撮影を行いました。
  • 職場見学
    グループに分かれて職場見学。アーノルドーパーマー タイムレス事業部、生産部、経理部、カスタマーリレーション&コーポレートコミュニケーション統括部の四つの部署で詳しく仕事の説明がありました。
  • 名刺交換
    お父さんお母さんの職場へ行き、社員と名刺交換をしました。
  • ワークショップ
    端切れを使ったランチョンマットの作成をしました。
  • 退社式
    親子で今日の感想を書いてもらい、1枚の紙に貼り付けました。そのあとこどもたちは今日の仕事のお給料として、レナウン製品のお土産を受け取りました。

【参考】ダイバーシティ推進委員会の取組み

当社での働き方改革がより従業員の生活や働き方に寄り添った改革になるよう、様々な職種、世代、立場の従業員が議論するためのダイバーシティ推進委員会からは、今回のファミリーデーだけでなく様々な取組みが生まれています。
育児、介護、看護に利用できる年5日の特別休暇「ワークライフバランス休暇」や、育児休暇から復帰して弾力的に働く販売員がいる売り場の同僚社員へ月3,000円の手当てを支給する「ほほえみサポーター手当て」などの制度の導入、また実際に仕事と介護を両立している社員による「介護セミナー」の実施などもこの委員会によるものです。
現在もダイバーシティ推進委員会は「店頭課題」「社内課題」「テレワーク」の三つのグループに別れ、議論を続けています。
このリリースに関するお問い合わせ先
株式会社レナウン 広報・IR室
TEL:03-4521-8089