平成29年2月期の連結業績

連結経営成績

  平成29年2月期 平成28年2月期 平成27年2月期
実績  前期比(%) 実績  前期比(%)  実績  前期比(%)
売上高(百万)  67,624 △1.4 71,215 △1.4   72,205 △4.8
営業利益(百万) △248 80.9 586 80.9  324 -
経常利益(百万) 150 6.2 868 26.2  688 162.9
親会社株主に帰属する当期純利益(百万) △595 - 588 - △115 -

連結財政状態

  平成29年2月期 平成28年2月期 平成27年2月期
実績 実績 実績
総資産(百万) 40,674 41,744 43,252
純資産(百万) 24,909 24,726 25,500
自己資本比率(%) 61.2 59.2 58.9
自己資本当期純利益率(%) △2.4 2.2 △0.5
総資産経常利益率(%) 0.4 2.0 1.6
売上高営業利益率(%) △0.4 0.8 0.4

一株あたり指標

  平成29年2月期 平成28年2月期 平成27年2月期
実績 実績 実績
1株当たり当期純利益 △5円89銭  5円52銭  △1円14銭
1株当たり純資産  246円31銭  244円42銭  252円01銭

平成29年2月期の個別業績

個別経営成績

 
 
平成29年2月期 平成28年2月期 平成27年2月期
実績 前期比(%) 実績 前期比(%) 実績 前期比(%)
売上高(百万) 49,489 △4.6 51,873 △2.1 52,982 1.0
営業利益(百万) △681 - 329 62.05 45 -
経常利益(百万) 186 △67.0 564 △22.0 723 -
当期純利益(百万) △711 - 172 150.9 68 -

個別財政状態

  平成29年2月期 平成28年2月期 平成27年2月期
実績 実績 実績
総資産(百万) 36,434 37,482 39,515
純資産(百万) 23,441 23,288 24,465
自己資本比率(%) 64.3 62.1 61.9

一株当たり指標

  平成29年2月期 平成28年2月期 平成27年2月期
実績 実績 実績
1株当たり当期純利益 △7円4銭 1円70銭 0円68銭
1株当たり純資産 231円79銭 230円27銭 241円90銭

経営成績に関する分析

当期の経営成績

当連結会計年度におけるわが国経済は、企業収益に弱さがみられるものの改善が続き、景気は緩やかな回復基調で推移いたしました。一方、個人消費につきましては、海外経済の減速懸念、先行きの不透明感などから、依然として厳しい状況で推移いたしました。
当アパレル・ファッション業界におきましては、消費者の節約志向は依然として根強く、全般的に厳しい状況が続きました。

このような経営環境の中、当社グループは今期を初年度とする「中期経営基本方針」に基づき、「提供価値・提供手法の磨き上げによる持続的成長」、「収益性アップと社会的課題への取組みによる企業価値向上」に取り組んでまいりました。
当連結会計年度につきましては、ショッピングセンター及びEコマースにおける販売は堅調に推移したものの、主力販路である百貨店向け販売が苦戦したことにより、売上高は前年同期に比べて減少しました。
一方、在庫削減などによる売上高総利益率の改善を図るとともに、販売費及び一般管理費の削減に努めましたが、売上高の減少による売上総利益の減少分を吸収するまでには至らず、営業利益及び経常利益は減少しました。また、投資有価証券評価損を計上したことなどにより、親会社株主に帰属する当期純利益も減少しました。
以上により、当社グループの当連結会計年度の売上高は676億2,400万円(前年同期比5.0%減)、営業損失は2億4,800万円(前年同期は5億8,600万円の営業利益)、経常利益は1億5,000万円(前年同期比82.7%減)、親会社株主に帰属する当期純損失は5億9,500万円(前年同期は5億5,800万円の親会社株主に帰属する当期純利益)となりました。

次期の見通し

次期の見通しにつきましては、わが国経済は、不安定な国際情勢や新興国経済の不振などの影響による減速懸念はあるものの、基調として緩やかな拡大傾向が続くと思われます。一方、個人消費は、雇用環境の改善にもかかわらず社会保険料の負担増などの将来不安により、消費者の節約志向は依然として根強く、引き続き厳しい経営環境が続くことが予想されます。

このような環境のもと、当社グループは2017年2月期を初年度とする「中期経営基本方針」を策定し、これに基づき、チャネル戦略やエリア戦略への取り組みによりお客様との接点の拡大を図るとともに、お客様から価値を認めていただける商品・サービスの提供によりファンの拡大を目指してまいります。また、引き続き商品仕入、在庫管理、店舗運営の効率化に努め、業績の向上を図ってまいります。

以上により、2018年2月期の連結業績につきましては、売上高は660億円(前年同期比2.4%減)、営業利益は2億円(前年同期は2億4,800万円の営業損失)、経常利益は5億円(前年同期比232.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は5億円(前年同期は5億9,500万円の親会社株主に帰属する当期純損失)を見込んでおります。